ウッドデッキのいろいろな種類や素材についてご紹介します

さまざまなシーンで大活躍するウッドデッキを設けることは、一戸建て住宅において最大の魅力の一つです。新築時だけでなく、リフォームする際や後付けも可能なため、その種類や素材も多岐にわたり展開されています。ウッドデッキとは、一言で言うと地面より高さを設けた木製の甲板スペースのことです。地面と垂直に束を立て、横材に大引きで根太を支え、床板を受ける根太を置き、その上に床板を並べて敷く、という構造です。屋根を付けるケースもあり、屋外の空間というよりはアトリエとしてや、リビングの延長としてなど、寛ぎの場所の拡張というイメージも増えているウッドデッキですが、天然木を素材として作るのがベースとなっています。現在では樹脂製のものも多く、これらどちらにもメリットがありますので、よく考えて好みで決めましょう。

風合いが魅力の天然木素材ウッドデッキ

ウッドデッキと言えばやはり天然木が人気ですが、それは木の自然な風合いと周りの自然との調和といった見た目によるものだけではなく、木の種類によっては断熱性能に優れているからです。また、DIYで作り上げていくことにより、愛着が沸くことも魅力です。天然木には柔らかく加工しやすいソフトウッド、高級感のあるハードウッドの二種類があります。ホームセンターで手に入りやすいSPF、レッドシダーといったソフトウッドは安価で加工しやすいですが、木がそれほど強くないため耐久年数は1,2年と短いです。紫外線や風雨・シロアリなどに弱いため、防腐塗料などのこまめなメンテナンスが必要となります。サイプレス、ウリン、イペ、イタウバといったハードウッドは密度が高く、日本でもケヤキや栗がこの種類に入ります。とても重く堅いため加工には電動丸ノコなどが必要となり、木材も高価格ですが、耐久年数を考えると最終的には低コストとなります。

耐久性が高い樹脂素材ウッドデッキ

樹脂製ウッドデッキの多くは、基本的に樹脂・木粉を混合させ成型したものを素材としています。中にはプラスチック粉や木片などを再生させる形で混ぜたエコ樹脂材もあります。天然木と違い素材としての狂いがないため均一性があり扱いやすく、専用金具により簡単施工出来るようになっています。最近では見た目でも工夫が施され、木目や節などの質感がある樹脂材も増えてきました。デッキの側面に付けたし出来るフェンス、地面に降りるステップなどの細かいパーツも増えつつあります。おおよそは耐水性に優れているため、腐りにくい、シロアリにも強い、といったメリットがあります。紫外線による色落ちもほとんどなく、ひび割れや木材のささくれも発生しません。メンテナンスも高圧洗浄機の使用が可能です。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし